かどやホテル公式Blog

かどやホテル公式Blog

ホテルの枕が合わない方!かどやホテルのピローアドバイザーがお話する、「なぜ人は眠りが必要?」

2014.09.03

かどやホテルのフロントスタッフは、東京西川さんのピローアドバイザー認定の教育を受けています。

そのピローアドバイザー勉強会では枕だけでなく、眠りについて学びました。

本日は皆さんにも「眠り」についての基礎知識のお話です。

睡眠がなぜ必要なのか?と言われて皆さんはなんて答えますか?

様々な答えがあると思いますが、ここでは、ぐっすり眠ることは、健康と美容をサポートする、大切な時間とします。

大きく別けて、以下の3点の為に、人は眠りが必要なのです。

成長ホルモンの影響でお肌の新陳代謝を助ける

 
睡眠時に分泌される「成長ホルモン」は、日中のお肌のダメージを修復したり、新陳代謝を助ける、美容と健康に大切な成長を促進するホルモンです。

しかし、この「成長ホルモン」は20代を境に分泌されにくくなっていきます。

成長ホルモンが多く分泌されるのは、最も眠りの深い、寝入りの3時間といわれています。

また、22時~深夜2時にかけては、特に「成長ホルモン」の分泌が活発になるそうです。
成長ホルモンの分泌を最大限に活かしたいなら、23時には眠りにつくようにすると効果的です。
 

肥満と不眠の関係ダイエットにも効果あり

 
寝不足の状態が続くと、食欲を抑制する「レプチン」と食欲を増進させる「グレリン」というホルモンのバランスが崩れ、「グレリン」の分泌が過剰になってしまいます。

「グレリン」は、胃の細胞から分泌されるホルモンで、成長ホルモンの分泌を刺激し食欲増進作用が強くなり、いつもより食べ過ぎてしまったり、こってりしたものを食べたくなり、その結果肥満が進行してしまうのです。

 

 

疲れた脳を修復させストレスを軽減

 
肉体労働などで体を酷使していないデスクワークが中心のお仕事の人でも、人の脳は常に活発に活動していて、沢山のエネルギーを消耗しています。

その疲れを取るために睡眠が必要不可欠です。

ストレスを感じる状態は、脳がつかれている状態であるとも言えます。

いかがでしたか?

ぐっすり眠ることは、美容と健康に大変意味の有ることなんです。

新宿でかどやホテルにお泊まりの際は、ピローアドバイザーのフロントスタッフがぐっすり眠れる枕をアドバイスさせていただきます。

次回はまた、東京西川さんから教わった、眠りのリズムや、快適な睡眠環境のお話をしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Blog記事一覧

最近の投稿

Blog記事一覧

月別アーカイブ

ホームページ予約特典

ご宿泊日
ご利用人数
 
宿泊プランを表示
お部屋タイプを表示
料金順に表示
ご予約・お問い合わせ 03-3346-2561
  • ご予約・お問い合わせ 03-3346-2561
  • ご予約・お問い合わせ 03-3346-2561
Tポイント
※「CNポイント」は、株式会社クラブネッツの登録商標です。

ページの先頭へ